サイトメニュー

表面上は普段通りの人も

男性 うつ病の特徴のひとつに幸せを感じられないという症状が挙げられ、何をしていても無感動になってきたら注意が必要です。好きなはずの食べ物を食べたり、趣味を行なっている時にも感情を感じない回数が増え気持ちが落ち込むようなら治療を検討しましょう。

詳しく見る

うつ症状の治療について

悩む女性 幸せを感じない状態が長く続くとなると知らない間にうつ病が発症している可能性がありますので注意しましょう。早めの段階で薬物療法を取り入れれば症状が改善しやすいので異変を感じたら専門クリニックを受診してみることをオススメします。

詳しく見る

精神疾患の可能性がある

成人男性 結婚や出産、昇進などを経験すると、自由に遣えるお金や時間が無くなり、強いストレスを感じることがあります。恵まれた環境にあるのに、幸せを感じないこともあります。辛い症状が長く続く時は、精神科を受診して下さい。

詳しく見る

専門科への相談がおすすめ

男性 幸せを感じられないという人は感性が鈍っているのかもしれません。変わらない毎日だと飽きてしまうことがあります。何か楽しめるものを探してみましょう。また、心の病気の可能性も否定できないため、専門科を受診するのもいいかもしれません。

詳しく見る

医療施設での治療をしよう

医者

メンタル系の医療施設で解決してもらおう

人には好き嫌いがあるので、ほかの人が幸せを感じたことでも、自身ではまったく幸せだとは感じないことがあるのは当たり前です。これは、病気ではないため、他者とは違うところがあっても気にしないでも大丈夫でしょう。しかし、これまで幸せを感じてきたことが、いきなりつまらなくなったのなら注意が必要です。飽きたという感情があるのならよいですが、よく分からないのにつまらなさを感じてしまったのなら、心の病気を患っているかもしれません。適切な治療を受けることで、以前の感情を取り戻せるので、精神科があるクリニックや病院を訪れて診察を受けることをおすすめします。心療内科もメンタル系の病気を診てくれると考えるかもしれませんが、より専門的なのは精神科のドクターです。そのため、近くに精神科があるクリニックや病院が存在するのなら、わざわざ専門外の心療内科を選ぶメリットはありません。ちなみに、精神科と名前のつく施設を利用するのに抵抗があるのなら、精神科と心療内科のあるメンタルクリニックを活用しましょう。そちらならば、施設名からは精神科か心療内科なのかは分からないので、心理的負担を減らしたうえで通えるはずです。こじらせると、感情を取り戻すのに時間がかかってしまうため、早めにドクターの力を借りましょう。

幸せを感じない状態を診てもらうために、初めてメンタル系の施設を訪れるのなら、予約が必要かどうかを必ず確認しましょう。メンタル系のクリニックや病院の多くは完全予約制となっているため、何も手続きをせずに訪れると、診察してもらえない可能性が高いです。予約を取りさえすれば、時間通りにドクターの診察を受けられるため、必ず事前に電話かウェブサイトで手続きをしておきましょう。ちなみに、クリニックや病院によっては、空きがなくて、中々予約を取れない場合があります。もしも、幸せを感じない状態がつらいと感じるのなら、そちらは諦めて、近日中に予約を取れるところを探してみましょう。なお、精神科と心療内科のどちらに通うとしても、事前の準備は普通の医療施設とまったく変わりありません。お金と保険証を持っていき、受け付けで手続きをすれば、あとはスタッフの支持にしたがって動けばよいだけです。精神的につらい状態の場合は、訪れるのが嫌だと感じるかもしれませんが、治療してもらうと楽になるので、できる限り早めにドクターに診察してもらいましょう。専門家のドクターならば、処方薬や行動療法などを駆使して、幸せを感じない状態が一刻も早く治るように適切な治療を行ってもらえます。