サイトメニュー

精神疾患の可能性がある

成人男性

家族に家事や育児を手伝ってもらう

結婚や出産、昇進などは、本来はおめでたいことですが、自由に遣えるお金や時間が無くなることもよくあります。仕事や家事、育児などで忙しく、心身共に疲労を感じている人が増えています。家族や経済的に恵まれた環境でも、幸せを感じないことは誰でもあります。他の人と比較をしてしまったり、ネガティブ思考に陥りがちなので、悩んでいる人が少なくありません。気分の落ち込みや仕事や家事でミスが増えるなどの、気になる症状が見られる場合もあります。幸せを感じない状況が長く続く場合は、うつ病や双極性障害、不安神経症などの病気に罹っている可能性があります。身近に頼れる友人や家族がいないと、ストレスが溜まりやすいです。十分な休息や睡眠を取っても、憂鬱な気分が続いたり、幸せを感じない場合は、精神科や心療内科の病院やクリニックを受診して下さい。従来のうつ病に罹る人も多いですが、20代、30代の若い人は、非定型うつなどの病気の可能性があります。精神科や心療内科のクリニックでは、うつチェックや問診なども行っています。事前に予約を入れておくと、待ち時間も短縮できるので、体調が優れない時も安心です。精神科の病院やクリニックは、心の病気の人が治療に専念できる環境が整っています。

結婚を経験したり、転職をしたりすると、周囲の環境が大きく変わるので、友人や兄弟姉妹などと比較しがちです。他人の芝は青いという言葉がありますが、友人や兄弟姉妹などが恵まれた環境にいると、嫉妬やねたみなどを感じることもあります。幸せを感じない時は、他の人と比較するのをやめることで、精神的に楽になります。家事や育児で疲労が溜まっている場合は、配偶者や身内に手伝ってもらうことも大事です。家族の協力が得られない場合は、託児所やベビーシッターに頼むのも良いでしょう。うつ病などの病気に罹ると、認知の歪みが生じているため、幸せを感じないこともあります。精神科の病院やクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法のほかに、認知行動療法を行っている所もあります。認知の歪みを改善することで、間違った考えを改める効果があります。気力や意欲が著しく減退していたり、他人と話をしたり、会うと疲労を感じることもあります。うつの症状が出ている時は、精神科の病院やクリニックで、抗うつ剤や睡眠導入剤などを処方してもらって下さい。幸せを感じないことは誰でもありますが、長く続く時は精神疾患を疑うことも大事です。なるべく家族に付き添ってもらうようにしましょう。