サイトメニュー

表面上は普段通りの人も

男性

うつになっても治療を行えば回復出来る

うつ病の中でも双極性障害のように躁状態とうつ状態が交互に現れる場合は、感情の起伏が周囲から見ても分かります。ですが、最近増えている症状として感情の起伏は一見普通なのに、内面では幸せを感じないという状態の人が増えています。このタイプのうつだと、周囲から病気になっていることに気づかれにくいのが特徴です。うわべは普段通りの態度でいるのに、心の中ではうつ症状を起こしていて落ち込んでいるという場合も多く、症状が酷くなってから気づく人もいます。同居している家族から見ると、感情の起伏が平坦なだけでうつ病ではないという状態になっているため、本人が幸せを感じない状態であることに気づくことが重要です。普通に学校や会社に通っている人の中にも、このような状態の人がいることから目立ちにくいうつの症状であるとして注目されています。他人と話すときはまるで幸せであるかのようないつも通りの態度を取れる人もおり、その後に病気になると突然うつを発症したように見えてしまいがちです。うつ病にかかり始めたサインとしても注目されており、自分でストレスを溜めないようにケアして心療内科などに通院することで悪化を防ぐことが出来ます。これまで楽しいと感じていた趣味に対して無感動になってきたら、その趣味から離れるなどストレスケアを行うと良いでしょう。

外出すら困難になってしまうタイプのうつ病とは異なり、ごく普通に日常生活を送れる状態で幸せを感じないだけのため、治療を急げば生活を崩すことなく治すことが可能です。酷くなってしまうと感情の起伏が強くなる人も多く、気持ちが平坦なうちに病気に気づくことで周囲から病気であることを知られる前に完治を目指せます。幸せを感じない状態であっても表向きはふつうの態度をとる場合は、悩みを人に話せないという傾向があります。心療内科や精神科などで細かくカウンセリングをすれば、悩みを打ち明ける場所が出来ます。人によっては、自分の悩みの原因が何であるか分からないということもあり、小さい頃の家庭環境など遡ってケアしていくことが必要です。自分自身のトラウマとなっている物事を気づくことができ、克服をしたり向き合うことで悩みの原因をなくすことが出来るでしょう。日曜日に診察を行なっている病院も多くあるため、平日忙しい人でも通院のために会社や学校を休まなくて済みます。不眠の症状を発症している場合は、睡眠導入剤などを処方してもらうことで身体の疲れから治療すると安心です。無理に続けていた人間関係や習い事を見直す良いチャンスでもあるため、通院しながら負担になっていることを手放すのがオススメです。